酢酸-dl-α-トコフェロールの効果やメリット・デメリットについて

MENU

酢酸-dl-α-トコフェロールの効果や副作用について

酢酸-dl-α-トコフェロールは、抜け毛予防に効果があり、毛髪が成長しやすい環境を整える効果が期待できます。

 

酢酸-dl-α-トコフェロールの性質と特徴として、水に溶けやすいビタミンE誘導体が含まれています。
末梢血管の拡張を促し、血液循環を改善し、皮膚の角化促進作用がある性質と特徴を持っています。

 

酢酸-dl-α-トコフェロールのメリット

酢酸-dl-α-トコフェロールが含まれるメリットは、血管の改善や、脂質の代謝の向上などの効果あるので、抜け毛の予防にも効果的です。

 

抗炎症作用、肌の老化を起こす活性酸素の除去により、薄毛への効果も期待できます。

 

酢酸-dl-α-トコフェロールが含まれる育毛剤は、血行を緩和する成分が含まれるメリットがあり、ホルモンを分泌し、正常化を促すため、総合的に合わさって育毛にいいといわれています。

 

 

 

酢酸-dl-α-トコフェロールのデメリット

酢酸-dl-α-トコフェロールに含まれるデメリットは、副作用として、頭痛、下痢、胃の不快感、吐き気、便秘などがあげられていますが、用量、用法を守ることが大切です。
デメリットに過敏になることはなく、自分の体質を知り、合わない場合は医師に相談することも大切です。

 

育毛剤に関しては、過剰摂取とならないように考慮されているので、副作用の心配もほとんどありません。