塩化カルプロニウムの効果、メリット・デメリットについて

MENU

塩化カルプロニウムの効果、メリット・デメリットについて

塩化カルプロニウムは、外用薬として、肌・地肌に塗ることで、部分的に血管を拡張させる作用があり、塗った部分の血行を促進します。

 

そのため、髪の生えるもととなる毛母細胞に血が巡ることにより、栄養と酸素が運ばれ、健康な新しい髪を作ることを助け、抜け毛を予防する性質と特徴があるため、薄毛への効果があります。

 

 

塩化カルプロニウムに含まれるメリットは、厚生労働省に認可されている、安全性・信頼性の高い薬であるという点です。

 

医療機関でも処方される円形脱毛症の治療薬として用いられています。また、含まれるメリットとして、医療機関で処方される場合、保険の適応薬となりますので、個人費用負担の少ない育毛剤と言えます。

 

 

 

塩化カルプロニウムに含まれるデメリットは、副作用として、一時的なほてり、発赤・発疹、かぶれ、動悸などの報告があります。しかし、いずれも一時的な副作用として、長くは続きません。

 

 

また、塩化カルプロニウムに含まれるデメリットとして、安全性の高い薬であると同時に、他の発毛成分と比べて効果は弱いため、抜け毛の予防や、一時的な脱毛症や脱毛初期には効果的でも、慢性的な脱毛については効果が得られにくいとされています。

 

塩化カルプロニウムが含まれる育毛剤は、粘膜にはしみる性質と特徴があることから、塩化カルプロニウムが含まれる育毛剤を使用する際は、目に入れないように注意が必要です。