オクタペプチド-2の効果やメリット・デメリットについて

MENU

オクタペプチド-2の効果やメリット・デメリットについて

オクタペプチド-2は、Thymosin-β4の受容体結合部のみを合成した8種類のアミノ酸により合成されているペプチド化合物です。この成分は生体内で代謝されやすいという性質と特徴を備えており、安定性と持続性の両方において優れています。

 

また、毛包にあるBulgeという部分を活性化するという作用による薄毛への効果も期待できるので、この成分が含まれる育毛剤も開発されています。

 

Bulgeとは、毛包上部の膨らんでいる部分であり、毛包や毛母細胞を生み出す元になる毛包幹細胞が存在しています。

 

オクタペプチド-2は、このBulgeにアプローチするという性質と特徴があるので、毛包幹細胞が生成されることになります。

 

これにより、頭髪の元となる毛母細胞が作り出されることになり、抜け毛の増加により進行した薄毛が解消されます。

 

 

 

オクタペプチド-2は、前述したように非常に安定している成分であり、副作用が発生する様な危険はありません。
つまり、抜け毛の悩みを解消するためにオクタペプチド-2が含まれる育毛剤を使用した場合には、含まれるデメリットではなく含まれるメリットだけを得られるということになります。

 

 

さらに、Bulgeを活性化することにより白髪を防ぐ効果も期待できるので、育毛以外にも含まれるメリットがあるということになります。しかも副作用の危険はないので、効果と引き換えに何かを失うという含まれるデメリットはありません。