ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドの効果やメリット・デメリットについて

MENU

ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドの効果やメリット・デメリットについて

2010年に日本皮膚科学会が作成した男性型脱毛症の診療ガイドラインでは、科学的根拠に基づく治療法をランク付けして発表しており、標準治療の確立を目的としています。

 

この中で最も高く評価されたのが、ミノキシジルというアメリカで開発された成分です。外用治療の第一選択肢として強く推奨できるとしており、Aという評価を得ています。

 

 

 

ピロリジニルジアミノピリミジンオキシドは、このミノキシジルと分子構造が類似している成分で、同様の性質と特徴を有している可能性があることで注目されています。

 

ミノキシジルの性質と特徴とは、毛母細胞と毛乳頭細胞を活性化することで、薄毛への効果を期待できます。

 

抜け毛を減らすというよりも発毛を促進するという内容で、ミノキシジルが含まれる育毛剤は発毛剤とも呼ばれています。

 

 

 

一方、この成分は体毛の増加や血圧の急激な変動という副作用も発生します。

 

このために、ミノキシジルが含まれる育毛剤を使用する場合は、含まれるメリットだけを求めるのではなく、含まれるデメリットについても考えなくてはなりません。

 

これに対してピロリジニルジアミノピリミジンオキシドには、副作用の危険はありません。つまり、含まれるデメリットについては心配しなくても良いということです。

 

なお、含まれるメリットはミノキシジルと同様で、抜け毛の減少ではなく発毛の促進です。
"